『ひとりおしゃべり』ってご存知でしょうか。
降霊術のひとつだそうで、椅子を2つ用意して片方に座り、
もうひとつの空いた椅子に向かっておしゃべりを続けると霊が出るというやつです。
これに似たことをしてしまい、存在を感じたある出来事を書かせていただきます。

当時私は病院の栄養士をしていました。
始発に飛び乗って職場へ向かい、帰りは夕方なんてことがしょっちゅうで、
休みも録に取れず肉体労働で、かなりハードな職場でした。
あまりにストレスが溜まるので、職場の同僚は20代前半で胃カメラ飲む子がほとんど。
なので、休日がある日は寝てすごす時が多く、友人知人と遊びに出かけることも激減していきました。

【【閲覧注意】『ひとりおしゃべり』】の続きを読む