この話は、その発端から判っているので、そこら辺から書くが、
前半が本当で後半が噂だと予め言っておく。

Aさんの家は、川沿いに広がる雑木林の中に古くからある一軒家で、
ブロック塀と林で囲まれている。
その脇には、幅2m程度の細い小道があり、曲りくねって100m程続いた後、
大通りに繋がっている。
【【長編】『こっちへ来い』】の続きを読む