今月のPick Up!人気記事

    タグ:病院

    スポンサードリンク

    この話は、親戚の人が体験したお話です。

    ある日の夜、寮の仲間とあんまり暇だからドライブにでも行こうといって、
    友達5人で、田原坂に行きました。
    友達の中に霊感の強い人が二人いてその中の一人がお兄ちゃんですが、
    もう一人の方が、「なんかいやな予感がするからやっぱりかえろー」と言いました。
    でも霊感の無いひとたちが聞かず、「幽霊出てくればいいのにな」とか
    言っていたその時に、みんなが乗って走っている車の横を”何か”が、
    すごい勢いでとおったので、後ろの左側に座っていた霊感のある友達が、
    お兄ちゃんに「今なんか通らんやったや?」と青白い顔で聞いてきたそうです。
    【なんと落ち武者の生首がすごい勢いで転がっていたそうです。】の続きを読む

    当時、私は精神的に荒んでいて、
    よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。

    その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。
    そこで、道の左端をすり抜けて進みました。それなりに運転技術もありましたし、
    どうなってもいいや、という部分があったので..
    危険だと知りながら、それなりのスピードが出ていました。
    【病院で息を引き取る時の最後の言葉..】の続きを読む

    二か月前まで働いていた病院での体験。

    足を折った幼い女の子が入院してて、
    その子がある病室の前を通るとすごく怯えるんですね。早く行こうよ、って。
    気になって聞いてみても何にも言わないし放っておいたんですけど、
    あるときその子が真夜中にナースコールを押して来て、

    「さかさづりが来る!さかさづりが!嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ!さかさづりが!」

    って意味不明なことを叫び出すんです。
    【アレは何だったのか】の続きを読む

    今から2年ぐらい前の話。

    お昼近くにモス○ーズバーガーが無性に食べたくなって、
    自転車でモスに行こうとしてた。
    横断歩道で、もう少しでモスというところで、
    左折してきた普通車に自転車ごと轢かれた。
    色々打撲擦り傷とかあったんだけど、左足がボキっておれてしまって、
    市内の大きな病院に入院することになった。
    圧倒的な力に体を壊されるってこういうことなんだと思いながら、
    処置が終わった足を眺めつつベットでぐったりしてた。
    【ジーっと私を見てる。】の続きを読む

    これは俺が中学生の時の体験で
    恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。

    中学二年の二学期に、急性盲腸炎で緊急入院しました。
    定期テストの前だったのでよく覚えています。
    明け方に腹痛を覚えてそのまま救急車で運ばれ、即日入院で手術に備えました。
    手術は翌日に決まり、痛み止めを服用してその日は病室で横になっていました。
    病室は6人用の大病室でしたが、入院患者は僕と、その隣の人しかいませんでした。

    【 「最後の夜が1人でなくて良かった。ありがとう。元気に育ってください。」】の続きを読む

    このページのトップヘ