今月のPick Up!人気記事

    タグ:病院

    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    最近体験した事で、心霊は関係ないんですが…

    自分の命が終わりそうな状態で意識がはっきりしている時の恐怖というのは、
    恐ろしく、心細く、悲しいという事を知りました。
    勿論、人それぞれ生死観は違うでしょうが、私は気が小さい人間で、
    自分の命の蝋燭が消えてしまう、火がどんどん小さくなる事を実感するのは
    堪らなく恐怖でした。
    【自分の命の蝋燭が消えてしまう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    兄が数年前、高速道路でバイク事故を起こした時の話。

    両足切断か死ぬかのどちらかと宣告を受けたにも関わらず
    どうにか両足とも生足で残り、しかも死なずに済んだのですが
    受けた事故の衝撃で「自制」と「痛み」の神経が離れて
    わかりやすく言うと、痛みを感じない暴力団風1歳児な感じでしょうか。
    訳のわからない事を言っては看護婦を殴るは
    ぐちゃぐちゃの足で隙をみて歩こうとする。
    家族で夜通し介護をすると病院に約束したため
    拘束されずに済んだ兄だったがこっちはとても辛い毎日を送ることになった。
    【ぐちゃぐちゃの足で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    私が12のとき、両親が他界した。
    私には三つ年下の弟が居たのだが、それぞれ別々の親戚に引き取られた
    一ヶ月も経たないうちに親戚の私に対する態度は冷たくなり、
    私は高校進学を諦め、工場に就職し一人暮しを始めた。
    私が17になると同時に弟を呼び、二人で暮らした。
    弟には世間並みの生活を送らせてやりたいと思い、
    昼は工場、夜は水商売で何とか弟を高校に入れることが出来た。
    【私は、不注意で車に跳ねられた。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ある所に難病患者を収容する施設があった

    そこにいる患者の病気はどれも不治の病で、
    体を動かすこともできず、死ぬまでずっと寝たきりのまま。
    その病院にまた新たな男が入院してきた。
    何もない殺風景な病室にはただ一つの窓しかなく、
    それが唯一の外との繋がりだった
    【窓際の患者】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    中2の時の体験です。
    正体不明の生き物に目玉を盗られそうになった事があったのですが、
    大蛇に助けられた、という不思議な体験をしました。

    私が仏間で昼寝をしていた時、誰かに顔を押さえられ
    閉じた瞼の上から鋭い細いモノでチクチクと刺され、
    眼球が奥の方(脳の方)からグググッと押し出されるような感覚になりました。
    物凄い激痛。
    その何者かはしきりに「これなら大丈夫」「やっと見つけた」などと
    ブツブツ呟いていたのを覚えています。
    【「ナナニチシンボウサレバアカリガモドルデアロウ」】の続きを読む

    このページのトップヘ