今月のPick Up!人気記事

    タグ:彼女

    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    高校生のときに付き合っている彼女がいた。

    至って普通の真面目な子だったんだけれど、
    時々、えらい嬉しそうな顔で不思議なことを言う子だった。
    特に何回も繰り返していて印象に残っているのが、こんなやりとり。

    「わたしは長生きはできないけれど、その代わりにいつか普通の人にはできないことができるようになるって言われた(ニコニコ」
    「誰に?」
    「それはひみつー」
    「なんだそれwてか普通の人にできないことって何さ?」
    「まあ、そのうち君も分かると思うよ、多分」
    【全てが繋がるような気がして、涙がこぼれそうになった。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20代前半で地方から上京して仕事をしていた時、
    間もなくして、同僚の女性と仲良くなった。
    これは、その子との話。名前は、仮にK子。

    明るい子で、実家が大富豪だったが、社会勉強も兼ねて職に就いたらしい。
    何度かデートをするうちに親密になり、運命の女性にすら思えた。
    まだお互いの親には面識がなかったが、将来の結婚も約束していた。
    【その事実を知って以来、俺は眠れなくなり、今では重度の不眠症だ。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    昔から霊感があると自称している同級生(♀)がいた。
    大学生になった頃になっても彼女は時々「霊が見える」だとか
    「あそこには良くないのがいる」だとかよく言っていた。
    日頃仲良くしている私は、そんな彼女の言葉を聞いてか聞かずか、
    「そうなんだぁ、怖いねぇ」などと軽く聞き流していた。
    高校の頃から一緒で、霊を感じると言い張る彼女にずっと半信半疑だったが、
    この前それを決定付ける出来事が起きた。
    【狐憑きになってしまった彼女】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    僕の家の隣に女の子が越してきたのは小四の夏休みだった。
    彼女の家庭にはお父さんがいなかった。
    お母さんは僕の目から見てもとても若かったのを覚えている。
    違うクラスになったけど僕と彼女は仲良くなった。
    彼女はあまり明るいほうではなく、女子の友達も少なかった。
    本ばかり読んで親しい友人のいなかった僕と彼女は
    お互いの家に遊びに行くほど仲良くなった。
    そのうち彼女は愚痴を言うようになった。
    母親がすぐ殴ること。
    同じクラスの女子が意地悪をすること。
    すきな男の子ができたけどその子はほかの女子にも人気があること。
    最初は僕のほうがよくしゃべっていたけれど、
    この頃からは一方的に彼女が話し僕が聴くようになっていた。
    【狂気を感じる強い思い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    今年の正月、実家に帰った私は高校時代の後輩のKからある相談を受けた。

    本人にも承諾を得たので彼の話の内容をほぼ忠実に書き記したいと思う。
    以下はKの会話である。
    【自殺した彼女がどこかで俺の事を見ているんじゃないか…】の続きを読む

    このページのトップヘ