今月のPick Up!人気記事

    タグ:山

    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    俺の親戚の家は山の中にある。農業で生計立ててたんだけど、乳牛も飼ってた。
    ガキの頃の俺はこの牛が大好きで、よく遊びに行ってた。
    車で1時間30分かけてww

    んで、小2の夏休み、一日だけ親戚の家に泊まれることになった。
    おじさんおばさんは笑顔で迎えてくれたが、一言

    「裏山には絶対近づいてはならね。」

    みたいなこといわれた。
    そのときは、何か危ないものでもあるのかな?って感じで特に気にせず頷いた。
    【化物に甥っ子が魅入られた!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    オレのじいちゃんは猟師なんだけど、昔そのじいちゃんについてって体験した実話。

    田舎のじいちゃんの所に遊びに行くとじいちゃんは必ずオレを猟につれてってくれた。
    本命は猪なんだけど、タヌキや鳥(名前覚えてない)も撃ってた。
    その日もじいちゃんは鉄砲を肩に背負って、オレと山道を歩きながら、
    「今日はうんまいボタン鍋くわしちゃるからの!」と言っていた
    (実際撃ったばかりの猪は食わないが)。
    そのうち、何か動物がいるような物音がした。ガサガサって感じで。
    オレは危ないからすぐじいちゃんの後ろに隠れるように言われてて、
    すぐじいちゃんの後ろに回って見てたんだけど、
    じいちゃんは一向に撃つ気配がない。

    【オレのせいでじいちゃんが・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    会社の上司の昔話で、十五年くらい前のことだという。

    当時まだ駆け出しだった上司が、某県某町に新設の事務所に配属された。
    工場併設のその事務所は市街地を遠く離れた山の中にぽつんとあって、
    夜には車通りも無い淋しい場所だった。
    事務所の前から県道を右にしばらく行くと某町のジャスコに行き当たる。
    左にしばらく行くと隣の某村に入るが、村の中心部の集落まではしばらくかかる、
    そんな立地だった。
    【祈祷師の呪いを受けた話】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    私が学生時代のお話です。

    夏休みに、サークルの仲間でキャンプに行く事になりました。
    いわゆる学生の貧乏旅行でした。お金が無いので高速代をケチり夜中に出発し、
    道の混まない朝のうちに現地に到着する予定で車3台に分乗し出発しました。

    やはり夜中なので普段渋滞している道も殆ど車も無く
    3台連なって目的地に向かいました。
    最初の内は大きな幹線道路を走っていたのですが
    目的地に近づくに連れ寂れた田舎の山道になっていきました。
    その山道を一山、二山を越え、いよいよ目的地近くになりました。
    後は、この山道をくだれば目的地に到着です。
    【午前3時に検問?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    俺はMTBで里山の未舗装路などを走るのが好きで、
    とある里山へ一人で入った時の不思議な体験です。

    そこは初めて入る山だったんですが、特に変わった所もなく順調に走っていました。
    走り始めて10分くらい経ったころ、前方に脇から一人のおじいさん出てきて、
    こっちに向って歩いてくるのが見えました。
    すれ違いざまに挨拶でもしようかなとおじいさんを見ると、
    痩せ型で黒目がちな眼のおじいさんは、まっすぐ前を見てボーっとした感じで、
    まったく俺のことは眼中にない様子。
    なんか挨拶するタイミングをのがしてしまい、そのまま素通りしました。

    【狐に遊ばれた】の続きを読む

    このページのトップヘ