今月のPick Up!人気記事

    タグ:女の子

    スポンサードリンク

    知人のオジサンが話してくれたんだが
    その日は仕事が早く終わったか何かで、珍しく夕方頃に自宅最寄り駅についた。
    家に向かって歩いていると、向こうから傘をさした女の子が歩いて来る。
    晴れているのに変わった子もいるものだと思っていたら
    女の子はオジサンの出身高校の制服を着ていた。
    懐かしいなぁと思いつつすれ違い、
    ふと横顔を盗み見るとなにやら見覚えのある顔をしていた。
    【オジサンの思い出】の続きを読む

    だいぶ前の出来事です。

    友達に借りたテープに録音されていたラジオ番組を聞き終わり、
    いちいち停止ボタン押すの面倒だからと、
    テープが再生し終わって停止するまで放っておこうと思ったんです。
    しばらく無音だったんですが、
    突然波が打ち寄せる音と共に、抑揚のない男の人の声で 

    「海に浮かんでいるものでしりとりをしてみよう」

    と言う声が聞こえてきました。

    【「人間」とつぶやくのが聞こえたと思った瞬間・・・】の続きを読む

    5年ほど前、学校や会社の備品(蛍光灯とかね)を配達するバイトをしてた。
    1日10件ほどを車でのんびり回る楽なバイトだった。

    ある日、いつものように小学校に配達に行ったら、
    用務員のおじさんが「この備品は体育館の倉庫にいれておきたい」って言うから、
    二人で荷物抱えて体育館に行った。
    【「あ~見ない見ない。あんまり見ていると君についてきちゃうよ」】の続きを読む

    毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。
    俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとして
    それなりに発展しているが、 二十年ほど前は、隣の家との間隔が
    数十メートルあるのがざらで、田んぼと畑と雑木林ばかりが広がる
    かなりの田舎だった。
    同年代の子があまりいなくて、俺は祖母の家に行くと、
    いつも自然の中を一人で駆け回っていた。 
    それなりに楽しかったのだが、飽きることもままあった。
    【「あんた、凄いのつけてるね」】の続きを読む

    このページのトップヘ