今月のPick Up!人気記事

    タグ:トラウマ

    スポンサードリンク

    以前勤めていた会社の近所にあった町工場で起こった話。

    年末も近いある日、樹脂と着色剤などを混ぜる仕事をしているその町工場では、
    何台もあるミキサーの年末大掃除をしていた。
    ミキサーと言ってもさすがに専門の工場だから、
    容量2000リッターなんていう巨大なものも設置されていて、
    そういうミキサーの大掃除というのは、人がそのミキサーの筒の中に入ってやる。

    その装置はヘンシェルミキサーといって、金属製のがっちり分厚い筒の中で、
    筒の内径すれすれの大きさのステンレス製のスクリュー羽根が毎分数百回転する構造。
    俺は機械に詳しくないんで、ひょっとしたら勘違いがあるかもしれないが、
    しかし要するに、そういう感じの人がすっぽり入れる強力ミキサーがあったわけだ。

    【幽霊よりも怖い町工場】の続きを読む

    これは俺が体験した話だ。

    今から遡ること数年前の4月、俺は自衛隊に入った。
    教育期間中は暴言、殴る蹴るは当たり前、
    官舎に怒声が響かない日はなかった。
    特に、NとSという上官にはよくしばかれ、
    毎日必ず誰かはこの2人に殴られていたと思う。

    俺の同期に、運動が出来なくて物覚えが悪い奴がいた。
    当然、NとSの格好の目標となった訳だが、仮に名前を佐々木としよう。
    佐々木とは同じ班で同じ部屋だったのでそれなりに仲良くしていた。
    【鬼教官】の続きを読む

    去年の5月に起きた話を。

    大学に入学し友達も何人かできたある日の事、
    仲良くなった友人Aから、同じく仲良くなったBとCも遊びにきているので、
    今からうちに来ないかと電話があった。

    時間はもう夜の9時過ぎくらい、しかもAのアパートは俺の住んでいるところから
    大学を挟んで正反対の方向にあり、電車を乗り継いでかなり先にある。
    時間もかかるしちょっと面倒なのだが、特にすることもなく、
    そのうえ土曜の夜で暇だった俺はAのアパートへ向かう事にした。

    乗り継ぎ駅のホームで待っているとき、ふと気付いたのだが
    ホームで待っている人がやけに少ない。
    「土曜の夜ってこんなもんだっけ?」と疑問に思ったが、
    特に気にもせず電車に乗り込んだ。
    すると電車の中もやけに空いていて
    酔っ払いらしい2人組みが乗っているだけだった。
    【ヤバイぜ、アケミちゃん!】の続きを読む

    このページのトップヘ