今月のPick Up!人気記事

    カテゴリ: 都市伝説

    スポンサードリンク

    去年の夏、飲み会の帰りに大きい半透明のうさぎ(柴犬くらい)が、
    私を追い抜いてピョンピョン跳ねていった。酔ってたからか怖くはなく、
    「あれーもしかして不思議の国のアリス的な?うふふ、うさぎさん待って~」
    とかむしろワクワクしながらアホみたいに追いかけていった。

    そしたら、私が住んでるアパートの部屋のドアをすり抜けて入って行った。
    慌てて鍵を開けて入ろうとしたら、あれ?鍵開いてる。閉め忘れたか?
    とりあえず中に入るとリビングでうさぎがこっち振り返ってる。
    私が部屋に入ったのを確認して、今度は押し入れの襖の中に消えていった。
    襖を開けるとうさぎはいなかった。
    【言わない方がいい】の続きを読む

    おれはいま北海道に住んでいます。
    知り合いに趣味で狩りをしている方がいまして
    その方から聞いた山での不思議なおはなしをかきます。
    少し地味です。

    彼は趣味といえど狩歴20年のベテランで
    主に道東(北海道の東のほう)をホームグランドに鹿狩りを行っており、
    狩猟期間が解禁になると毎週のように山に分け入る生活をしています。
    ある秋のに体験したおはなしになります。
    【今まで感じたことのない寒気がはしる。】の続きを読む

    前いた職場の喫煙所に、40cm四方くらいのでかい灰皿があった。
    大きい建物の利用者が皆そこで吸ってくから吸殻もすぐ溜まって、
    清掃員が頻繁に掃除していた。

    ある夜勤の日、深夜3時の休憩。
    一服し終えた後に、同僚が「俺もう一本吸ってくわ」と一人で残った。
    彼はヘビースモーカーなので、それ自体はよくある事だったが、
    休憩終了間際に泣きそうな顔で戻ってきた。
    【オカンが来た】の続きを読む

    大した話じゃないと思うんだけど
    地元で伝わる不老不死の人の話を少ししてみます。 

    その不老不死の人はフーライさんって言うんだけど
    風来坊からきてるらしい。

    フーライさんの話を聞いたのは、幼稚園に通ってた頃。
    ひいばあちゃんが亡くなる時にその話をきかせてくれた。
    【地元の有名な老人の話】の続きを読む

    昔、山に入って遊ぶのがマイブームだった時の事。

    17歳頃だったか、山で運悪く野良犬に追いかけられてしまい
    逃げてる最中に2mくらいの高さの崖?から足を挫きつつ転げ落ちた。
    アドレナリン出まくりの状態だったから恐怖とかは全く感じず
    ひぇぇぇぇぇwwwwwって思って爆笑しながら落ちた。  
    【今にして思えば、多分あの魚さんは山の神様だったかなぁと思う。】の続きを読む

    このページのトップヘ