今月のPick Up!人気記事

    カテゴリ: 怖い話

    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    だいぶ前の出来事です。

    友達に借りたテープに録音されていたラジオ番組を聞き終わり、
    いちいち停止ボタン押すの面倒だからと、
    テープが再生し終わって停止するまで放っておこうと思ったんです。
    しばらく無音だったんですが、
    突然波が打ち寄せる音と共に、抑揚のない男の人の声で 

    「海に浮かんでいるものでしりとりをしてみよう」

    と言う声が聞こえてきました。

    【「人間」とつぶやくのが聞こえたと思った瞬間・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    昔、病院の夜間警備のバイトをしていた時の話。

    二人制で、交代しつつ仮眠をとっていた午前2時。
    専用仮眠室は用意されていなかったため、
    人が居る棟とは別棟の一部屋を使用していた。
    その棟の地下には霊安室があり、多少気味悪かったが、
    もうかなり慣れていた頃に事が起きた。
    【『気持ちの悪い夢を見たなぁ』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    大した話じゃないと思うんだけど
    地元で伝わる不老不死の人の話を少ししてみます。 

    その不老不死の人はフーライさんって言うんだけど
    風来坊からきてるらしい。

    フーライさんの話を聞いたのは、幼稚園に通ってた頃。
    ひいばあちゃんが亡くなる時にその話をきかせてくれた。
    【地元の有名な老人の話】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ちっとフェイク入れるから矛盾が生じても勘弁。

    殺人事件が起きた。被害者は既婚女性。
    頭部を鈍器のようなもので殴打によるなんたらで死亡。
    現場の状況、周囲への聞き込みから、
    担当刑事は容疑者は女性の夫ではないかと睨んでいた。
    だが、凶器が出ない。
    犯行現場だけでなく、夫の職場に断って探してみるも出てこない。
    ドラマと違って、現実は凶器が見つからないと色々と厳しいらしい。
    【凶器を探す刑事さん】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    看護師やってます。看護学校時代の話です。

    全寮制の学校で、兎に角先輩には絶対逆らえない学校だったのですが、
    毎年夏に、二年生が仕組んで一年生が受ける肝試しがあったんです。
    解剖室→標本室→霊安室と回るんですが、
    各部屋に予め自分の名前が書かれた紙が置いてあるので、
    それを持って来てゴールに居る先輩に渡して終了というルールがあって、
    私も一年生の時には受けさせられました。
    【人を呪わば穴二つ】の続きを読む

    このページのトップヘ