姉から聞いた話。

その昔、姉は自分と彼氏、そして友達カップルと4人で
夜中ドライブに行ったそうだ。
その友達カップルの彼氏というのはちょっと霊感の強い人で、
よく霊を見ては涙を流すことがあったそうだ。
彼にとってはもう見慣れてるから、怖いとかそういうんじゃなくて、
なんか意味もなく涙が出てしまうらしい。
で、ドライブ中に、その彼がツーと涙を流し始めた。
みんな、彼の霊感のことは知っているので、
「ああ、また見たんだな・・・」とだけ思っていた。




だが、どうもいつもと様子が違う。
彼は急に、「車を止めてくれ」と言ってきたのだ。
「どうしたんだよ?」と聞いても、とにかく止めてくれの
一点張りで理由を説明しようとしない。
仕方ないので、路肩に車を寄せて停車し、
彼に「これでいいのか?」と聞いた。
すると彼は、
「これから俺が何を言っても、おまえら逃げないでくれるか?」
と涙を流しながら言うのだ。

もちろん、友達同士の仲であるし、彼の様子を見ると、
「逃げる」なんて言えるわけもない。
「大丈夫だ」「逃げないよ」と口々に言った。
すると彼は、じゃあ言うけど・・・と前置きをして、


俺 今 足首つかまれてるんだ


と言った。
いっせいに彼の足元を見ると、車の床の下から白い手が出て、
彼の両足首をしっかりと握り締めている。
それを見た姉たちは、逃げないと言ったことも忘れ、
恐怖のあまり全員叫び声をあげながら車を降りて逃げ出した。

そして車からしばらく離れたところまで走り、
彼が降りてくるのを待ったが、いつまでたっても降りてくる様子がない。
彼のことも心配だったし、車なしで帰るわけにもいかない。
おそるおそる全員で車に戻ってみると、降りた姿も見ていないのに、
彼の姿はなくなっていたそうだ。

その事件からはや10数年経つが、いまだ行方不明中である。 


【引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?28】