ある夜、布団に入りウトウトしていた時、
「起きてくださいますか」という女性の声が聞こえました。
私は目を開けませんでしたが、横になったままその声を聞きました。

「怖がらないで下さい。決してあなたに害を加える者ではありません。
まず、怖がらないで、声を出さないでください。怖いなら怖いとおっしゃってください。
お気持ちで怖いと思っていただければ私はお声をかけません」
その声の主は若い女性で、高貴な教養ある人という感じでした。

恐怖心よりも先に、
「せっかく寝ているのに起こされてしまったな」
という確認作業が頭の中でされました。
「怖がらないで下さい」という声を、幽霊だとかお化けだとかと認識の前に、
「ああ、夢だな。飲みすぎたかな」と思いました。

「怖がらないでください。そのまま、目を開けていただけますか」と声は続けます。
「目を開ければこの夢は覚めるな」と思いながら目をあけると、
部屋の中に女性と思われる影がありました。

私が起き上がろうとすると、
「そのままで結構です。私がわかりますか」
と優しい声で尋ねられます。恐怖感は全くありません。
「分かりますかとは、どこの誰なのか分かるかという意味なのだろうか」
と私は考えました。

「いえいえ、私がどこの誰かをご存知かと言う意味ではありません。
私がここに居るのがわかりますかという意味ですから、深く考えていただかなくてもよろしいです。怖くなったら、声を出すかお心のなかで消えろと思っていただければ、私はお話できなくなりますから、心配しないで下さい」
と女性は言います。

「まだまだ、変な夢を見ているなあ」という意識が私のものでした。

「私は○○と申します。
すでにお分かりのように、あなたの住んでいる世界のものではございません。
あなたからはあの世と言われる世界の者です。あなたにお願いがございます」
と女性は話し始めました。

その女性は、自分が庄屋といわれる豪農の娘であったこと、
嫁に行ったこと、子供ができずに縁を切られたこと、
その地のしきたりで国境の地に埋められて死んだこと、
そしてそのことに恨みはないことを優しい声で話しました。

私の方はというと、
「何故子供が生まれない身体だと縁を切られて、殺されてしまうのだろう。
可哀想な話だ、実家に戻ればいいのに、そういうしきたりというのもあったのか」
などと思って聞いていました。

「実家に戻ってはいけないというしきたりがあったのです」
と女性は言います。
「日本にそんなしきたりがあった土地があったのだな」
と私は思いました。

「7日間で結構です。私のことを思って祈ってくださいませんか。
ろうそくと水と塩を、××神社に一度奉納し、それを私にいただけたらと思います」
と女性は私に依頼をします。
××神社は私のよく知っている地元の神社でした。
「はい、それだけでいいのなら、承知しました」
と心の中で思った時、女性は消えて行きました。
そして私は女性の言われる通りに、××神社に行き、供物を奉げ、祈りました。

そんなことも忘れかけたある日、
私は友人と会うために××神社で待ち合わせをしていました。
友人を待っている間に、神職の方に声を掛けられました。

神職「ああ、あなたですね。先達てはありがとうございました。○○というお名前をご存知でしょう」
私「ええ、なんか変な夢を見てしまって、この神社にろうそくと水と塩を奉納するように頼まれ、その通りにしました。それだけですが、なぜその名前をご存知なのでしょうか」
神職「○○はここの神社に祀られている神様のお使いの方ですよ。○○という名前は、その方が人間だった時のものです。
私に先達てあなたのお姿を見せて下さり、近いうちにここにくるからお礼を伝えるようことづかっています」

長くなるので神職の方の話をまとめます。
もとよりこの神社は昔、嫁に出て子供が生まれないと実家に帰れないで殺されていたという風習があった時に、殺された嫁を供養する祠を建ててあった場所で、
子供が欲しい人の願いを叶えるということで神社になってきた由来がある。
そういう中の一人が○○である。あなたがこの神社で以前子供が欲しいと願った。
そのときに、あなたの願いを受けたのが○○である

話が通じました。
妻が流産を繰り返し、医師から子供を諦めなさいと言われた時、
私はこの神社で、祈った事を思い出しました。
そしてその後、女の子を授かったのです。

○○が私にお礼ぐらい言いなさいよという意味で出てこられたのかときくと、
神職の方がおっしゃるには、○○は神様のお使いで高貴な方なので、
そうしたことは要求しません。
なぜあなたにお願いしたのかの理由については、○○は教えてくれませんでした。
ただあなたの姿を教えてくれてお礼を伝えてくれ、というだけでしたとのことでした。

なぜ○○が私に頼みごとをしたのか、どういう意味があったのかは全く不明です。
オチも何もなくて済みませんでした。 


【引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~ part65】