これは、母から聞いた話です。

親戚に体格の良い、叔父さん(私から見て、母からは義理の兄)がいた。
特にスポーツをやっていた訳ではないが、
子供の頃から農作業を手伝っていた所為か腕っ節は強かった。

その叔父さんが、結婚したばかりの頃
夜中の12時頃になると、訳の判らない事を口走ったり、
自分で自分の首をしめたり、いきなり高いところへ駆け上り跳び下りようとしたり、
と奇行が目立つようになっていた。
しかも不思議なことに30分ほど経つとピタリとおさまり
その間にやっていた事は、全然覚えていなかった。





そのようなことが、1~2週間続き、周りで取り押さえる方が
疲れ始め、また此のまま、ほおって置くと本当に自殺するのではないかと
いろいろな所へ遭ったっていると、或る親戚の一人が
良いお祓い屋さんがいると、とあるおばちゃんを連れてきた。


おばちゃんは特にこれと云って変わった感じは受けなかったが、
叔父さんを見るなり、
「あんた、呪われているよ。心当たりはないですか?」と聞いてきた。

叔父さんには、心当たりが一つだけあった。
最近結婚した奥さんが、以前やくざの女で
(正しくは相手は本当のやくざではないし、
 情婦と言うほどの付き合いでもなかったらしいが)
相手のやくざから強引に別れさせ(無論、今の奥さんに頼まれて)、
それが切っ掛けのような形で結婚したのだ。
呪いをかけられる相手として浮かんだのは、その男しかないと思ったので
そのおばさんにそう答えた。
すると、おばさんは

「そんな男に大きな力はないと思うから、きっとお金で雇っているのね。」

「まあ、任せときなさい。今晩一晩お払いしときますから、
 一週間ほどしてからまたきますから、
 本当に払えていたらその間なにもないはずですから。
 お金は、その時に準備して置いてくださいね。」

そういって、1~2時間ほど不思議なお祈りをして帰っていった。


ところが、その夜からピタリと奇行は無くなり、
家族みんなグッスリ眠れるようになった。
やがて、一週間が経ちそのおばちゃんにお金を払い
(母の話だと普通の人の月給程度)お礼をした。
母は、好奇心が強いので、そのおばちゃんと世間話をしながらいろいろ聞いてみたが
一番気になっていたことを聞いた。

「もう、相手の人は、呪いをかけ直すと言う事はないんですか?」

「ええ、一週間も経っていれば大丈夫です。
 わたしのは、呪いを祓ったんじゃなく、返したんですから。
 相手は、私と同じような商売の人、恨みはないし、
 まあ、私もこんな商売していれば、畳の上では死ねないと思ってますから。」

そう云っておばちゃんはにっこり笑った。
母は、人の笑顔がこんなに怖かったのは初めてだったと言っていた。




【引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?part8】