うちの実家はど田舎なんだが。
近所の古寺の近くにある更地は大昔土葬の墓場だったとか。

言い伝えでは、新しい死人がでる度に
埋葬した死体の頭を食べに来る化物がいて、
村人はたいそう悩まされていたらしい。
今はただの空き地で荒れ放題に荒れているのだが、
奇妙な話が後を絶たない。




火の玉がゆらゆら揺れていたとか、
血だらけの鎧武者が立っていたとか、
目玉が落ちていて、棒でつついたら消えてしまったとか、
写真を撮ったら一面あったはずのない白玉だらけだったとか、
とにかく色々バリエーションに富んだ体験談がある。

かくいうおれも、真夜中に信号待ちしていたら
大きな白い布のようなものがふわふわ浮いているのを見たことがある。
怖くなってすぐ逃げた。

俺の友達らはその空き地でタバコをすっていたら、
そのうち二人の携帯に同時に非通知の電話がかかってきて、
出ると女のうめき声と笑い声が重なって聴こえてきたんだと。
二人ともかかってきたのは全く同じ電話。

化物の言い伝えが関係していたとして、
もうそこに遺体が埋葬されることはないのに、いったいなにしてんだろうな?
しかもデジカメや携帯を介するなんて、奴さんも文明に対応してるのかな? 



【引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?part280】