五年くらい前、仕事で北海道のとある峠をよく通ることがあった。

その峠は雨が降ると霧がかかるというか、地元ではガスがかかると言うんだけど、
その日も雨がシトシト振り、峠自体がモヤっていた。
いつもは峠を降り海側にしばらく走っていると、霧は無くなるんだけど、
その日はずっと霧がかかった状態だった。

視界が悪いし、なんだか嫌だなあと思って運転していると、
霧の中にボヤーっと光が見えた。
そういえばここにはポツンと公衆電話BOXがあったはずと思いながら走っていると、
突然その部分だけ霧がなくなり、公衆電話BOXがきれいに見えた。
すると中に髪の長い女の人が見えたような気がした。




しかしもう午前一時を回っているし、街からは相当離れているし、
ここらへんにはダムしかないはず。
こんな人里離れた公衆電話BOXに人なんか居るわけないと言い聞かせ、
気にしないようにしようと思っていると、突然携帯が鳴った。
道路は霧でモヤっているので路肩に止めるのは危険だと思い、
休憩用のパーキングがあったそこまで走り、車を停め携帯を確認すると、
着信履歴は公衆となっていた。

しばらく考えてみたが、こんな時間に公衆電話から掛けてくるヤツはいないだろう、
間違い電話だと思い、車を発進させようとすると、また携帯電話が鳴った。
今度も同じく「公衆」と表示されている。
さっきの公衆電話BOXを思い出し、怖くなり、携帯を持つ手が震え、
脂汗が背中を伝った。
電話はずっと鳴り続けいている… 

気持ち悪いので携帯の電源を切り、車を発進させようと前を見ると、
髪の長い女が立っていた。
「うっ!」俺は息を飲むと体が固まってしまった。
するとその女はスーっと運転席の横に移動してきた。
一分くらいそのまま横にいて、俺は目だけ右に動かし、その女の動きを見つめた。
メチャメチャ怖いにもかかわらず目線がその女から離せなくなっている。
すると突然、車の中で「私の事…見えてたんでしょ?」と女の声が聞こえた。
全身鳥肌が立つのがわかった。
そして車の横にさっきの女が居ないことに気がついた。
どこにいったんだ!俺は心臓がバクバクとなり、もうパニックになり、
何も見たくないと目を瞑った。
今度は「見えてたんでしょ…」といきなり耳元で、吐息がかかる感覚がした。
俺の記憶はここまでしかない。
気がつくとパーキングで朝を迎えていた。

それ以来、昼でも夜でも迂回してその道は通らないようにしている。
みんなも深夜の走行中の着信には気を付けたほうがいいぞ。
特に公衆からの着信ならば。
お前らは気付かなかったけど、向こうからは見えていたかもしれないのだから… 




【引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?part294】