妻の実家があるタイの東北部、イサーン地方。
ここはのどかな田園風景がどこまでも続く平和な地方都市で、
良く言えばのんびりとくつろげる田舎町。
悪く言えば田んぼと畑しかない退屈な農村でもある。

そんな田舎町で今から約20数年前に一つの忌まわしい事件が発生した。
乳幼児を連れた若い夫婦が農作業の為に畑へ行き、
近くの木に吊るしたハンモックに子供を寝かしつけておいたのだが、
しばらくして様子を見に行くと、
そこで寝ているはずの子供が忽然と姿を消していたのだ。




慌てて付近を探し回ったものの、
乳幼児が一人で移動できると思われる範囲内では見つけることが出来なかった。

ふと嫌な予感がして畑に隣接する深い森の入り口まで走っていき、
その森を少し入った薄暗い茂みの中まで探しに行くと、
かつて見たことも無いほどの巨大なヘビが横たわっていて、
そのヘビのお腹が不自然なほど膨らんでいることに気がついたのだ…。


私は妻と妻の両親からふとしたことでこの話を聞かされた時、
そう遠くない過去に、それだけの大事件が発生し、
ヘビに飲み込まれた子供の両親の心痛はいかほどのものかと、
想像して気が滅入ったものだ。

その森も今では開拓が進み、かつて事件の発生した場所は、
ほとんどが畑や田んぼに様変わりしている。
妻の実家からは、ほんの数キロ先での出来事だったのだが、
今ではそれを連想させるものは何も残っていない。

ところで、私と妻は毎年ゴールデンウィーク前後を妻の実家で
過ごすことが恒例になっている。
今年も例年通り、この田舎町で過ごすことになったのだが、
冒頭で述べたように、日本で生まれ育った私にとって、
この村はあまりに何もなく、2~3日滞在するにはよいものの、
それ以降は退屈してしまうのだ。

そこで10年以上前に実家が購入したオンボロ2ストロークのバイクを
バイク修理の店で修理してもらい、付近の村々を散策することにした。
実家から3キロ程離れた場所には、今いる村と同じような集落があり、
そこから未舗装の農道を進んでいくと、ちょっとした山道に繋がっている。

海抜はわからないものの、周囲の土地よりも150~200メートル程度
盛り上がった山があり、GoogleEarthで検索すると山の奥深いところまで
道が続いているようだ。

事前に記憶に刻み付けたその道を、実際にバイクで進んでいくと、
未舗装の道が徐々に細くなり、やがて獣道のような荒れた道に、変貌していった。

7分丈のズボンを履いていたので、
クルブシからスネの辺りに擦れる雑草が不快感を助長する。

それでも突き進んでいくと、ふと開けた場所に辿り着いた。
かつて川でもあったのだろうかというような丸みを帯びた大きな岩が
ゴロゴロと無造作に転がっている奇妙な光景が目に飛び込んでくる。

その先は再び草木が鬱蒼と茂る薄暗い森になっていて、
勾配もこれまでよりキツクなり、本格的な山道になりそうだ。

古いオンロードの2ストバイクでは進んでいくのが困難に思えた。
バイクを一旦止め、しばらくその先の道を凝視する。

その後、気力を奮い立たせて突き進むことに決め、再びクラッチを握り、
ギアをローに入れた瞬間、何か違和感を感じて体が硬直した。

ふと視線を前に戻す。しかし別段変わった様子もない。
そのまま視線を周囲に巡らし、今来た道にも注意を向けてみる。
だがやはり特に変わったことはなさそうだ。

だが、どうしてもその先に行きたくないのだ。
そこでギアをニュートラルに戻してから、もう一度その場に佇んだ。

『間違いない。やはりこの先にはどうしても行きたくない。』

そして2ストロークバイクに特有の不安定なエンジン音が、
突然止まるのではないかという恐怖に似た感覚に襲われた。

バイクに乗っているときに『この先には行きたくない』と感じたことが
過去にも一度あった。それは学生時代、千葉県の「とあるダム」に、
深夜2時頃ドライブに出かけたときのことだ。

以前このオカルト板でも書いたことがあるのだが、
その時にもし進んでいたら、首吊り自殺の第一発見者になるところだった事が、
後日わかったというものであった。

今回もその時に感じたのと同様の凄まじい拒否反応が生じて、
昼過ぎの強い日差しが照り付ける猛暑にも関わらず、
背筋に冷たいものを感じたのである。

例えるならば、スレに貼り付けられたURLを何気なくクリックし、
予想外にグロ画像とわかって慌てて閉じようとする時のような、
「稲妻が体を突き抜ける感覚」に近い忌まわしい感覚なのだ。

そのまま行くべきか戻るべきか逡巡していると、
今来た道の方からバイクの音が近づいてくる。

なんとなくホッとして、バイクの姿が見えるまでその場に留まり、
相手が現れるのを待ってみた。

そのバイクが私のいる開けた場所に入ってくると、
私の方からすかさず声を掛け、挨拶を交わす。

どうやら中年くらいの男性が運転し、
その後ろに妻と思われる女性が乗っているようだ。

私が声を掛けると、ちょっと驚いたような顔をしてから、
夫婦そろって満面に笑みを浮かべて挨拶を返してくる。

長袖に長ズボン、ヘルメットの代わりに麦わら帽子をかぶり、
バイクには鎌のようなものや、籠のようなものも取り付けてある。
後で知ったのだが、どうやら山に自生している山菜やキノコ、
木の実などを取りに時々入っていく人がいるらしい。
彼らもそうした人達なのだろう。

そのような場所に、よそ者の私がバイクでズカズカ入っていくのも
気が引けるということもあり、バイクをその場で反転させると、
元来た道を早々に引き返すことにした。




翌日の早朝、家の庭先に集まった複数の人の大声で目が覚めた。
早口でガナリ立てるような話し方から察するに、どうやら何か揉め事らしい。
迷惑に感じながらノロノロと部屋を出て、妻に何があったのかを尋ねると、
昨日隣町で不幸な事件が起こったというのだ。

その話を聞いているうちに、私の目ははっきりと覚めて行き、
代わりに恐怖で身がすくんで行くのを感じた。

昨日私が進むのをためらった、ちょっとした広場で出会ったあの夫婦。
あの先の森の中へ山菜取りに入って行き、
それぞれが思い思いに山菜をとり始めたのだが、
妻が奇妙な声で小さく叫んだのを聞きつけた旦那が不審に思い、
手を止めて妻を呼んでみる。

しかし、すぐそばにいるはずの妻からは返事がなく、
じっと耳を澄ませても何も聞こえない。

そこで茂みを掻き分けて妻を捜し始めた矢先に、
目に飛び込んできたのは、信じがたい光景だったのだ。

なんと大人の太ももよりも太く、7~8メートルもの長さがある大蛇が、
妻の体にグルグルに巻きついて、ギュウギュウ締め上げているところだったのだ。

妻の表情は恐怖と、締め上げられ、全身を骨折させられながら、
徐々に窒息させられていく苦痛のため、この世のものとも思えない形相に
なっており、助けたいと思っても一人ではどうすることも出来ないような状態に
なっていたらしい。

そこで慌てて山を降り、村の男数人を集めて再び戻ったものの、
すでに妻は頭から飲み込まれ、
ヘビの口からは膝先の部分が出ているだけの状態にまでなっていた。

その口からはみ出た足が、時々有り得ないような不気味な痙攣を起こしながら、
完全に飲み込まれるのを辛うじて阻止していたらしい。

既に頭から飲み込まれた段階で全身が骨折し、窒息させられていたため、
意識は無かったものと思われる。

だが、飲み込まれてなお、最後の最後まで生体反応を見せていた
その女性の様子が、助けに来たものの目と心に深く焼きついたらしい。

もしあの時、あの夫婦が訪れていなければ、
大蛇に飲み込まれていたのは私だったのかもしれない…。
タイをはじめとする東南アジアには、
広く「アミメニシキヘビ」という大蛇が生息しており、
時々人を締め上げ、稀ではあるが飲み込んでしまうらしいのだ。

その後、そのヘビは男たちの手で村まで運ばれ、解体されたらしい。
飲み込まれた女性はすぐさま助けられたものの、
残念ながら助け出されたときには既に手の施しようが無い状態で、
その後、息を引き取ったとのことだった。

東南アジアでは決して一人で山道に入ってはいけないのだ…。 


【引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?211】