JRが国鉄だった時代に、三島-新富士の間にだけ起きる怪現象があったらしい。
鉄道の怖い話、みたいな本で読んだと思う。
確かこんな話だった。
新幹線に乗った男が、トイレで席を離れ、自分の車両に戻ろうとしたら
ガラガラだった筈の車両が満席、通路まで人だらけ。
自分の席にも誰か座っちゃってる。
どこにも停車してないのに、どうなってんだ?

訳が分からないまま、落ち着こうと煙草を1本吸って戻ったら
車両は元通りのガラガラ。この間、どこにも停車してない。

車掌にこの事を訴えたら
「またですか…列車が新富士と三島の間を通過する時に限って、たまにあるんですよ。
 私の乗車した時に起きたのは初めてですがね」
と渋い顔で答えられた

…という話。
理由も分からない怪異だけに、すごく印象に残ってる。


【引用元:鉄道にまつわる怖い話、不思議な話】