カノジョ。けど重い。

ノロケじゃない。
もう、悲劇のヒロインに浸りきっててイタい。
俺の発病後、カノジョは仕事をやめ、俺の看病がしたいと言い出す。
身内が近くにいないので、助かるけど仕事辞めんの?
実家だから大丈夫。





とのことで看病スタート。


始まってみたら、ガソリン代だ新しい洋服が欲しいが金がないだ言い出す。
俺の貯金を使い始める。俺の残高毎月減って行く。

ネットで俺の病気を調べて来ては、主治医と話してくる!
とか言って古い事例持ち出してきてとんちんかんな質問したりしてる。
主治医には毎回平謝り。
カノジョには病状変われば説明してくれるしって言っても聞かない。

実際俺のは死亡率が高い病気ではあるんだが、今のところ治療は順調なのに、
同じ病気で闘病途中で亡くなった人のブログとかをプリントアウトしてきては
読ませようとする。残された人の気持ちがわかると言って泣く。 

主治医からも、カノジョの様子はおかしい。
君が精神的にまいる前になんとかしたほうがいい。
なんだったら精神科を紹介する。と言われている。

その話をカノジョにしたらガン切れして暴れ出し、
俺の輸血中の点滴の管引っこ抜くわなんだで部屋中血まみれ。

なんぞこれ。

とりあえずカノジョの母親に相談して、
カノジョが追いつめられてるみたいなのでゆっくり休んでもらって欲しいと伝えた。

次の日、ムスメが心配だっていうから代わりに来たのよー、
とカノジョの代わりにカノジョの母親が来て4時間居座る。


俺、病気じゃなくてこの親子にやられる…気がする。
こんなのが6ヶ月続いてる。 


【引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?236】