大学の友達(女)から聞いた話だ

その友達の地元の先輩(これも女性)が体験者でかなり激しい内容だが事実らしい
分かり易くその先輩目線で書き込まさせて頂きます
ある日私たちはサークルの先輩たちと
地元じゃ有名な心霊スポットへ肝だめしに行くことにしました
メンバーは男の先輩2人、私、友達(女の子)の4人です
私と友達は後部シートに乗り込み、Aさんの運転で向かいました
場所はありがちな洋館の廃墟なんですが、
到着するなりかなりアブない空気なんです…
恐る恐る洋館に入ると、いきなりエントランスで赤ちゃんがハイハイしてるんです!
同時に「キャハハハハ…キャハハハハ…」という女の子の笑い声が!
見上げると、少女が二階の踊場からこっち見て笑ってる!

私たちは無我夢中で走って車に戻りました
Aさんが急いでエンジンをかけ、ライトを点けると
さっきの少女が車の前にいるんです!
助手席のBさんが「轢き殺せー」と叫び、
Aさんは「うぁぁぁぁああぁああー」とアクセルを踏み、
少女をはね飛ばしました

「やったか?!」と思った瞬間でした

「キャハハ…ヤッチャッタネ…」と助手席から声がして驚きました

助手席には少女が座っていたのです
Bさんになりすまして

急いで車を降りた私たちは激しい虚脱感に捕らわれました
はね飛ばされたのはBさんで、呼吸も鼓動も無くなっていたのです

少女は車から姿を消していましたが、
「キャハハハハ…キャハハハハ…」という笑い声だけは暫く響き渡っていました

3人はすぐに病院を探し、Bさんを運んだらしいが、間に合わなかったらしい


うさんくせーが、Bさんが死んだという事実だけは変わんないんだよな


 
【引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?part199】