俺が体験した話を書こう。転載でもネタでもなくマジ話。

3年前にね、バイト先の友達がスキーで骨折して
埼玉の武○○病院に入院したんだよ。
そこバイト先から車で15分くらいだったんでね、3日に1度くらい見舞いに行ってた。
俺は霊感というほどじゃないけど、霊の存在を何となく感じることができて、
骨折した友達はバリバリ霊感が強い。
確か3回目にお見舞いに行った時の事。夕方だったね。
その病院、階段の踊り場に灰皿があってさ、
そこの椅子に座って2人でタバコ吸ってた。
談笑中、突然耳鳴りがして下の階段を凝視した。
見えないけど何か来たっていうのが分かった。

俺そこをがジーって見てると、友達が服の裾を掴んで「見るな」と。

「やっぱいる?」って聞くと「ろくなもんじゃない。見てるとやばいよ」

詳細を聞くと、体が子供で顔がじいさん。
そいつが俺たちを見てニコニコしてる、と。
「うわ、そりゃビジュアルだけでも十分やべえや(笑)」って、
笑いながらそこを見てると

「馬鹿、笑いながら見るな!」

って友達ちょいマジ切れで、俺の手を掴んでひょこひょこ病室に帰った。
「どうしたんだよ?」って聞いたら「お前、笑いながらじいさん見てたろ。
そしたらじいさん突然凄い形相になって、こっちに向かってきたから逃げてきた」と。

そりゃやばいやって事で、お見舞いに行ってもそこの階段は使わないことにした。 


【引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?part114】