今から6年くらい前に、東京でアルバイトしてた。

その頃はアルバイトが終わって、同僚の先輩がよく飲みに連れて行ってくれた。
ある時、いつもの様に先輩と飲みに行って、ベロンベロンになって
初めて先輩の家になだれ込んだ。
先輩は両親が離婚した後、今まで住んでた一軒家に一人暮らししてた。
先輩の部屋は2階で、部屋に入るとめちゃくちゃ散らかってんの。
もうゴミ屋敷みたいな部屋でカビだらけのカップラーメンとかあったくらい。
カーペットも何もかも埃だらけ。
俺「うわ~・・・なんだこれ。」と酔っぱらいながらも思った。
そんな中、何か発見。

白い小皿の上に塩?みたいな粉が盛ってあって、
その上に7センチくらいの石が乗ってある。
聞いてみると粉は塩で、石は先輩の家のお墓がある周りの石を拾ってきたそう。
先輩いわく、
「俺が拾ってきた。墓の周りの石はご先祖様が守ってくれる。」
だとのこと。

小皿

こんな感じ。

ただ、その小皿がバキバキに割れてんの。ものすごく細かく。
割れてるんだけど皿の形にはなってる。

分かりにくいかもしれないが、もしこれを人為的に作ろうと思ったら、
皿をバキバキに細かく割って、それをピンセットとかで
元の形に組み直さなければ皿の形にならない。
石が塩の上に乗ってあって、それを支えている皿だけがバキバキなってる
って意味分からないと思い、先輩に聞いてみると
「多分何か悪いものでも吸い過ぎたんだじゃない?」って言われた。

石は何かを蓄積というか、吸ったり記憶したりすると聞いたことがあったので、
何となく納得し、その部屋自体がゴミ屋敷だったのもあって、
「悪いもの」というのも理解できた。

俺自体はオカルトは好きだったが、霊体験はなし。
でもそんな部屋にいるのは嫌だったので、朝方帰った。

その頃先輩は荒れてて、飲み方もおかしかったけど、
そこから引っ越して何か落ち着いてた。
霊能者に調べてもらったとかじゃなくて、原因ははっきりしなかったけど、
この目で見た唯一の変な事でした。


 
【引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?part299】