以前、人家から相当離れた山中で数回夜戦を行った。
月明かりが、とても明るいスナイパー好みの夜だった。

数戦終えて小さな空き地で小休止してると、そこいらにいそうな中型犬が現れた。
10mくらい距離を置いて近づこうとしないが、
菓子とかを投げると5mくらいまで寄って来るようになった。
やせ細った犬はよくよく見ると犬ではない綺麗な狐とわかったが、
珍しいなくらいにしか思わなかった。
さあ開戦となり、流れ玉が当たってはと、その狐を追い払ったその時…
私を含めた数人がしっかり見た。
それまでダラリと垂れ下がっていた、
その狐の尾は1本や2本じゃない何本もあった。

その狐は小気味良く飛び跳ねながら細い林道を横切り林道の山側へ… 
その間2度ほどこちらをふりむいた。
その2度目に低い声で鳴くと言うより唸り声のようなものが聞こえた。
低い低い声だった。
私は「チガウナ」と聞こえたが他の者は「チガウ」とか、
ある者は「コレデハナイ」と聞こえたと後でわかった。
皆は、誰かが今の狐おかしいというまで、
今自分が見た光景が目の錯覚と思いこんでいた。
そして、俺も俺もと今見た光景が現実とわかり、
即刻撤収を止める者などいなかった。

話は前後するが…
この場所は3週間ほど前に下見に来ていた。
もちろん昼間、といっても早朝だった。
林道脇に車を止めて、仲間とこのあたりならと話していると
ジムニーが2台凄い勢いでやってきた。
私の車が邪魔だったので直ぐにどけ様とすると
「こんなとこでなにしっとるんじゃー」「さっさとどけんかー」
っと散弾銃を構えたおっさんが降りてきた。
両車の後部には猟犬が何匹も…ゲーマーがおもちゃのエアガンでも
一般人(その時は平服)に見せない様気を使うのにと思ったが、
かかわりたくないので、ぺこぺこしながら車をわきにどけると2台は、
また凄い勢いで走り去った。
仲間となんだあいつらは、などと話していると遠くで
「バンッ」「バンッ」と散弾銃の音と犬の鳴き声…
その時ここは夜戦のみということになった。

そんな出来事もそろそろ忘れかけていた数週間後
私は新聞記事を見て背筋が凍った。あの夜以上に怖かった。

その小さな新聞記事には狩猟中仲間を誤射、
さらに誤射した加害者が直後に猟銃自殺とありました。
まさにあの山です。

こじつけと言われるかもしれないが・・・
あの狐は仲間か家族を撃たれ復讐しようと犯人を探していたのではないかと…
似たような銃をもつ私たちが犯人かと近づいたのではないかと…

もちろん新聞記事の2人があの2人かはわからない。
もちろん二度とあの山にはいきたくない。

あの夜、狐をエアガンで撃つような馬鹿が私た
ちのチームにいなくて本当に良かった。


引用元:【心霊】サバゲ中の恐怖体験を語れ!【恐怖】