深夜勤務が明けて、ラッシュも少し収まった山の手線の中の事。
吊革につかまったまま眠気でウトウトしていると、
何やら言い合ってる声が聞こえて目が覚めた。

『だから、言ってるだろ。まったくどいつもこいつも・・・』

(うるせえな、まったく。朝っぱらから何やってんだ)
隣に立ってるパーカー姿のロン毛の若い奴が
目の前の椅子に座ってるオヤジに文句付けてる様だ。
「こうなったらやるしかない。思い起こせば昭和36年・・・」
座ったオヤジは目をつぶったまま頷きながら言った。

無視しようと思うのだが、隣で言い合ってるから嫌でも耳に入って来る。
しょうがないので移動するか、と思った。その時ふと気がついた。
若いロン毛はジッと窓の外を睨んでいる。
『だから、言ってるだろ。まったくどいつもこいつも・・・』

(何だ?こいつ。外見ながら。しかも同じ事繰り返してねえか?)
そう気が着くと、椅子のオヤジも目をつぶったままでブツブツ言っている。

「こうなったらやるしかない。思い起こせば昭和36年・・・」

全くかみ合わない会話を、お互いに誰に言うでもなく、喋ってるだけ。
何と頭のいかれた男が二人、ブツブツ喋っていたんだ。

気が付くと、電車のコーナーにはそいつ等と俺しか居なかった。
俺を含めた3人を、嫌な物でも見る様に乗客が遠巻きに眺めていた。 


【引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?part185】