私、ちょっと変わった印刷屋をやってまして、
仕事でお札等を印刷することがよくあります。(普通の印刷もやっていますが)
そのため、よく真っ新のお札を持ち歩いていたりするのですが
ときどきホテルに泊まったときなんかに、つい、いたずらで
絵の裏とかにこっそり貼ってしまったりすることがあります。
泊まった部屋で、絵をひっくり返してみて、
妙に真新しいお札が貼ってあって、怖い思いした人はごめんなさいね。
ほんの出来心です。
そうしたいたずらで、個人的に一番、怖い思いをしたのは、
近年、人気のある温泉観光地に行ったときのことですね。
ホテルから帰ってきたすぐ次の日にホテルから電話が
かかってきまして、どうやら悪戯がばれたらしく、
勝手にお札が貼り付けてあるがどういうことか、
と厳しく問いただされたことですね。

「いやな感じがしたので、お守りのために貼ったまま忘れてました」
と適当にごまかせましたが、さすがにああいうイメージを
大切にするところは管理を徹底しているものですね。
少しでも悪評の立つようなことがないよう、細心の注意をしています。
支配人の方の口調の豹変ぶりは本当に恐ろしかったです。

2番目に怖かったのは、これは仕事関係である地方都市の
ビジネスホテルに泊まったときの話です。
そこはビジネスとはいえ、観光名所にもなっている地方都市に
ありがちな、結構、グレードの高いところで、普通のグレードの
部屋だったのですが、それでも飾ってある絵なんかもどことなく
品のある、大変、落ち着いた感じのところでした。

その日は、ちょっと商談がうまくまとまらずにいらいらしていたので、
部屋に帰って来るなり、何か悪戯してやれ、という気分で、
いつものように(笑)、額を外して、その裏にやたら滅多に結構な
枚数のお札をベタベタと貼り付けてしまいました。

その後、一旦、食事を取りに外に出て、部屋に戻ってからは
一人で酒盛りをして寝たのですが、寝床の中で少し気分が
悪くなってきまして、どうも寝付きが悪かったのを、不思議とよく
覚えています。まあ、これは単純に酒のせいなわけですが。

で、そうこうしながら何となく眠り込んでいたわけですが、
気が付くと、暗闇の中、何か非常ベルのようなものが耳元で、
大変けたたましく鳴り響いていることが分かりました。
私は最初、それが目覚まし時計かと思って必死に止めようと
したのですが、体が重くて全然、動かないのです。
そうこう悪戦苦闘しているうちに、ふと目が覚めまして、
今までのが夢だったと分かったのですが、何でそんな夢を
見たのか、すぐに分かりました。
枕元で電話が鳴り響いているのです。

周囲はまだ真っ暗ですし、さすがにギョッとしましたが、
取りあえず出てみようと思って受話器に手をかけた瞬間、
電話は切れてしまいました。まあ夜中に電話が鳴っていたことは
少し怖い気もしましたが、まだ眠かったですし、
モーニングコールの設定ミスか何かだろう、と気にせず
また布団に入り、ウトウトとしてきた頃です。

突然、ピーンポーン!と、来訪者を告げる呼び鈴の音が
部屋に鳴り渡ったのです。さすがにこれには一度に
眠気が吹き飛ばしました。私が呆然としていると、
すぐさま、ピーンポーン!ピーンポーン!と、
呼び鈴が続けざまに何度も押されました。

ただ、最初は私も唖然としてしまったのですが、すぐに
ドアの外で「お客様!お客様!」と呼びかけている声に
気付いたので、少し安心してドアの方に行き、
「今、開けます」と返事をしたところ、呼び鈴の音は止まり
相手はドアの外で待っている様子です。
開けるかどうか、やや躊躇をしたのですが、チェーンを
かけて扉を少しだけ開くと、そこには見える範囲だけで
ホテルの従業員らしき人が3人ほど立っている様子でした。

私が不審に思い、「何でしょうか!?」と尋ねると、
彼らは申し訳なさそうに、理由も告げずに部屋に入らせて欲しい、
と言います。私が理由を尋ねると、ただ、
「不審な通報を受けたので、念のため、確認したい」
とだけ言います。

私は、少々、腹は立ちましたが、向こうにはどうやら警備員らしき
人もいるようなので、一方的に断って不審に思われるのも面倒
なので、とりあえず彼らを中に入れることにしました。
彼らは私の部屋に入って、しばらく浴室等を見回した後、
非常に申し訳なさそうに確認完了した旨とお詫びを告げて
部屋を去ろうとしたので、私は改めて先ほどの従業員にその
理由を尋ねたところ、次のように話してくれました。

「実は大変、不思議なことなんですが、実は30分ほど前、
お客様の部屋からフロントに電話がありまして、
『部屋に宿泊している人間に閉じこめられてしまった』
とだけ言って切れてしまったのです。
そこで、何度かお部屋に電話したのですが、お客様が出られない
ようでしたので、お伺いして頂いた次第です」

私ははたして良いことをしたのでしょうかねぇ・・・・。 


【引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?part73】