今月のPick Up!人気記事

    2016年10月

    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ちっとフェイク入れるから矛盾が生じても勘弁。

    殺人事件が起きた。被害者は既婚女性。
    頭部を鈍器のようなもので殴打によるなんたらで死亡。
    現場の状況、周囲への聞き込みから、
    担当刑事は容疑者は女性の夫ではないかと睨んでいた。
    だが、凶器が出ない。
    犯行現場だけでなく、夫の職場に断って探してみるも出てこない。
    ドラマと違って、現実は凶器が見つからないと色々と厳しいらしい。
    【凶器を探す刑事さん】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    看護師やってます。看護学校時代の話です。

    全寮制の学校で、兎に角先輩には絶対逆らえない学校だったのですが、
    毎年夏に、二年生が仕組んで一年生が受ける肝試しがあったんです。
    解剖室→標本室→霊安室と回るんですが、
    各部屋に予め自分の名前が書かれた紙が置いてあるので、
    それを持って来てゴールに居る先輩に渡して終了というルールがあって、
    私も一年生の時には受けさせられました。
    【人を呪わば穴二つ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    高校の日本史の授業中での謎な話。

    その日、私は歴史の授業がたるくって、ネムネム状態だった。
    でもノート取らなきゃこの先生すぐ黒板消すしなーと思って、眠気と戦っていた。
    そして、ハッと気づくと何秒間か寝ていたらしい事に気づいた。
    ノートには、あのうつうつしてる時特有のへろへろ文字が。
    で、やっべー寝てたとか思って、ノートの続きを取ろうとしたら、ノートを見て驚いた。
    【黒板に書かれてる内容と全く違う歴史】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    たまにニュースなんかにもなるんですが、
    携帯電話に夢中で、踏み切りを気づかずに越えて電車に轢かれてしまう、
    って事故があるじゃないですか。
    巻きこまれた本人もさることながら電話の相手も大変だ。
    友人知人が、あるいは肉親が電車に轢かれるまでを電話口にきかされることになるのだから。そしてそのなかには、電話先が留守電であったためにその一部始終が録音されている場合もあるわけです。
    【結局、こういう推測しかできないんです。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    自分の体験ではなく、友人のAとBから聞いた話を書きたいと思います。

    Aが大学に進学し、アパートで一人暮らしを始めて2年目の頃の話。
    近々雪も降りそうな初冬の深夜、Aは部屋に電気をつけたままコンビニへ行った。
    新刊雑誌を立読みし、飲み物を買って部屋に帰った途端、携帯電話が鳴り出した。
    時計を見ると、午前2時半。誰かと思い着信を見ると、友人のBだった。
    【「まだ外か?部屋に戻ってないのか?だったら絶対戻るな!」】の続きを読む

    このページのトップヘ