山梨の某渓流にて怖かった話。

俺(今年35歳になります)はフライフィッシングが大好きで、
毎月一度は渓流にヤマメやイワナを釣りに行きます。

その日は、小雨が降っていて、川が増水していました。
濁ってしまうとあまり釣りには適さないのですが、
せっかく年休で会社を休んだので、無理やり渓流を釣り上がってました。

若いころ(20歳くらい迄)、多少霊感みたいなもんがあって、
金縛りの時とか、ああ来るな、って分かる人だったんだけと、
15年ぶりにそれを感じたんですよね。

それを感じたのは、岩だらけの狭い川幅が少し開けて、
ゆったりとした流れのプール(流れが緩慢な川のことです)
に差し掛かったときでした。

上流から真っ白い脂肪のような塊がゆっくりと流れてくるんです。
キャンパーが捨てた発泡スチロールか何かかと思いつつも、
「とっても気持ち悪い」感じが拭えません。

釣り竿を振るのをやめて見ていたら、
すぐにそれが人型のものだという事がわかりました。

皮膚は青白く、頭は禿げ上がってとんがっており、目のあるべき場所には、
肛門のようなシワだらけの穴が二つありました。

「ひゃひゃひゃひゃひゃ」

と笑ながら、死んだカエルのような仰向けの姿勢で川を流れていきます。
流れている間、身体はクネクネと激しく動いてました。

ゆったりとした流れを過ぎ、浅く流れの急な落込みに差し掛かると、
立ち上がりまたもクネクネしながら上流へと走っていきます。

そしてまたクネクネしながら流れます。

目が潰れているからでしょうか。
呆然としていた私に始めは気がつかなかったようです。
ところが、川沿いの国道から地元のひとが

「何やってんだ!!xxxだ(良く聞き取れない)!!早く逃げろ!!」

と叫び、私が怖くなって足早に国道に上がろうとしたときです。
きっと音を頼りにしていたんだと思いますが、そいつがクネクネしながら、
私の方へと向かってきました。

どこからか漏れるような
「シュシュシュシュ」
という声を発して、クネクネしながら近づいてきます。

怖さより、「とてつもなく嫌」な感じがしました。
私は全力で国道まで藪を駆け上がり、車を停めてある所までにげました。
国道から逃げろと叫んだ人は、もういません。

藪で自慢の釣竿(18万円、泣)を折っしまうものの、
とにかく逃げ切れたことに感謝です。

洒落コワでは、山でのクネクネがいくつか報告されているようですが、
あいつは何者なんですかね。

とにかく、ゴキブリを見たときのような嫌な感じです。

9月24日、夕方16時くらいの話です。かなり最近ですね。
10月から禁漁なので、しばらく渓流釣りは行きません。
来春が怖いですね。 


【引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?part250】