前いた職場の喫煙所に、40cm四方くらいのでかい灰皿があった。
大きい建物の利用者が皆そこで吸ってくから吸殻もすぐ溜まって、
清掃員が頻繁に掃除していた。

ある夜勤の日、深夜3時の休憩。
一服し終えた後に、同僚が「俺もう一本吸ってくわ」と一人で残った。
彼はヘビースモーカーなので、それ自体はよくある事だったが、
休憩終了間際に泣きそうな顔で戻ってきた。
脇には、さっきは持っていなかった東急ハンズのでかい紙袋を抱えている。
何か物凄い臭いが立ち込めている。
「タバコ吸ってたらオカンが来て、『身体に悪いから程々にしい』ってこれ渡してきた」
はじめは彼が何を言っているのかよく分からなかったが、
紙袋一杯にタバコの吸殻が入っていた。
吸殻の銘柄はどれも彼の吸っている物と同じで、
あまり吸っている人を見かけないパーラメント。
パーラメントの吸殻だけが袋一杯に詰まっていた。
同僚はすぐその場で実家に電話を掛けたそうだが、
その時お母さんは自宅で寝ていたらしい。

怖くはないかも知れないが、不思議な話。


【引用元:ほんのりと怖い話スレ その74】