帰宅したら玄関に見知らぬ靴があった。

俺、ひとり暮らしだし、合鍵はない。
人を部屋に呼んだことすらないんだ。
やべ、空き巣か?と思って心臓バクバクした。
俺のサンダルとダンロップが脱ぎ散らかしてある中で、
その靴だけ几帳面に揃えて置かれている。
女物のビジネスシューズ。
シューズキーパーが入っているのに気づいて血の気が失せた。
全身の筋肉がプルプルしてしまったので、
ぎこちなくゆっくり一歩下がり、静かにドアを閉めた。
息を殺して慎重に施錠した。
鼻からフガフガ勢いよく息が漏れるから、全然殺せてなかったと思うけど。

その後、通報で駆けつけてくれたお巡りさんが、俺の代わりに部屋に入ってくれた。
玄関には、あの靴がそのままあった。なくなっていたら、それはそれで余計に怖い。
それ以外、部屋に異常はなかった。
室内を見分している間、結構入念に人間関係(特に女性)のトラブルについて聞き取りを受けた。
そんなトラブルの自覚はないし、まして女性関係ならなおさらだ。
警官から、被害相談として受理するから、
また同様のことがあったら連絡するようにと名刺をもらった。

ちなみに、俺の部屋は事故物件なんだけど、
亡くなったのは高齢の男性で、病死だったそうだ。
おじいちゃんには女装癖があった、というオチなら気が楽になるんだけど。
あれから同じことは起きていない。警察からも情報はない。 


【引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?313】